HOME 資格に関する記事一覧 看護師を辞めて違う仕事に就きたい人へ|おすすめの職業7選!
公開:2024.2.3 公開:2024.2.3

看護師を辞めて違う仕事に就きたい人へ|おすすめの職業7選!

看護師を辞めて違う仕事に就きたい人へ|おすすめの職業7選! NEW

「人手不足で勤務時間が長すぎるし、休みが取れない」
「夜勤で生活リズムが乱れる」
「お給料が安い」
「もう看護師なんていや!」

そう、思ってる方もいるのではないでしょうか?
だからといって、看護師以外に自分にできる仕事があるのか、不安ですよね。
そんなあなたに。看護師から他の仕事へ転職するメリットと、転職しやすい職業をご紹介します。

看護師を辞めて違う仕事をするメリット

「せっかく今まで看護師で経験を積んできたのに・・・」
辞めるとなると、悩みますよね。看護師という仕事にやりがいを感じている場合は、辞めないほうが良いかもしれません。

しかし、看護師の仕事にやりがいを感じられず違う仕事をしたいと考えている方は勇気を出して看護師を辞めてみるのも一つの手です。

今回は、看護師を辞めて違う仕事に就くことで、どんなメリットがあるのかを解説していきます。

生活リズムが整う場合がある

看護師を辞めて日勤のみの仕事に就けば生活リズムが整う場合があります。シフト制で夜勤もある看護師の仕事は、どうしても生活が不規則になりがちです。不規則なシフトに加えて、残業や仕事外の看護研究などをこなす方もいるかもしれません。

仕事に追われて、生活も不規則では、心身ともに疲れ果ててしまいます。そんな看護師を辞めて違う仕事に就くと、肉体的には楽になります。毎日同じ時間に勤務できる仕事に就けば、生活リズムは整うでしょう。

人間関係をリセットできる

看護師を辞めて違う仕事に就けば、今までの人間関係はリセットできます。看護師のまま他の職場へ移る場合でも、人間関係は一新されるでしょう。けれども、限られた空間で勤務する環境である限りは、同じような対人トラブルが起きる可能性もあります。

いっそ看護師以外の職に就いてしまえば、男女比などの環境も変わります。建物外に出るような仕事にも就けます。今までにない環境で、新しい気持ちで人間関係を築けるでしょう。

給与が上がる可能性がある

看護師以外の仕事に就いたとき、お給料が上がる可能性もあります。プラスの資格を取得してダブルライセンスで転職すれば、幅広い業務がこなせるため重宝されます。高い評価を受けていれば、慣れない仕事でもお給料が期待できますね。

今までの看護師経験を活かしつつ、まったく違う仕事に就いてみませんか?慣れてくれば、管理職も目指せるはずです。看護師以外の仕事にキャリアアップ転職をすれば、お給料もきっと上がるでしょう。

看護師を辞めて違う仕事に就きたい人へおすすめの職業7選!

看護師を辞めて違う仕事に就く場合、看護師の経験を活かせる職がおすすめです。プラスの資格を取って、ダブルライセンスで転職できれば、なお良いでしょう。どんな仕事があるのか、具体的に7つ選んでご紹介します。

介護士

介護士は、利用者に寄り添って身体介護や生活援助をする仕事です。病院内でも目にすることが多い職種ですが、介護保険施設などのほうが、より生活に近い場所で働けます。

看護師は、申請をするだけで介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)の資格が取得できます。さらに、介護福祉士実務者研修も、カリキュラムの一部は免除されるので、上級資格が目指しやすい職業です。

看護師から介護士への転職は、最初はお給料も下がって大変かもしれません。けれども、上級資格を取得してキャリアアップするのに、看護師の資格が役立つ仕事です。

介護福祉士

介護福祉士は、介護士の上級資格です。介護保険施設などで利用者のケアをするとともに、介護スタッフの教育指導にあたります。

介護福祉士の受験資格は、介護士としての実務経験を3年以上を経て、実務者研修を修了すれば獲得できます。看護師としての資格や経験はカウントされませんが、実務者研修の一部は免除されます。

看護師として働く中で得た知見は、介護福祉士として働くためにも役立つはずです。

ケアマネージャー

ケアマネジャー(介護福祉専門員)は、介護を必要としている方に対して、適切なサービスが受けられるようにマネジメントする仕事です。ケアプランの作成や、介護サービス提供者と利用者の仲介が主な業務で、老人保健施設やグループホームなど、多くの介護施設で活躍しています。

看護師がケアマネージャーの資格試験を受けるには、通算5年以上かつ900日以上の実務経験が必要です。経験さえあれば、あとは独学でも受験はできます。受験資格へのハードルは低いので、ケアマネージャーを目指してみるのも良いでしょう。

訪問看護

病院・診療所以外に、訪問看護に携わるという選択肢もあります。訪問看護とは、看護師が患者の居宅などを訪問して、主治医の指示や連携により看護を行う仕事です。患者が自宅で生活できるように、多職種と連携を取りながら療養生活を支えています。

訪問看護を行うのに、特別な資格は要りません。今までの経験を活かして働けます。医療保険適用の場合と、介護保険適用の場合があり、幅広い層の患者を看る仕事になります。病院・診療所では得られないやりがいが見つかるかもしれません。

産業看護師

産業看護師は企業で働く看護師で、一般企業の医務室で、従業員の健康管理をするのが主な仕事です。治験関連会社などでは、治験のサポートをしたりする場合もあります。

企業に勤めるため、夜勤はありません。土日・祝日休みの場合も多く、有給も使いやすいでしょう。病院・診療所の勤務と比べると、デスクワークが多くなります。そのため、看護スキルは伸びにくいかもしれません。代わりに、PCスキルやビジネスマナーを身につけることができるでしょう。

クリニカルスペシャリスト

クリニカルスペシャリストは、医療機器メーカーなどで開発した医療機器や用具を販売する仕事です。営業職であるため、病院・診療所での勤務とは大幅に仕事内容が違います。

製品の説明やデモンストレーション、製品導入時の立ち合い〜アフターフォローが主な仕事内容になります。看護師の経験があれば、使う側の意見を知っているので、分かりやすい説明や購入者への配慮ができるでしょう。看護師経験が活かせて、かつ今までとは全然違う仕事なので、新しい挑戦としては良いのではないでしょうか。

美容系クリニック

美容系クリニックは、クリニックではあるのですが保険外の自由診療を行う場合が多い場所です。レーザーによるシミ取りや美容整形などが代表的です。

急性期医療を行う医療機関とは異なり、命の危険を背負うことは少ないでしょう。美を追求する利用者は「患者さま」ではなく「お客さま」と呼ばれるケースが多く、サービス業としての側面が強くなります。

エステティックサロンとは異なり医療行為を行うため、看護師の資格は必須です。利用者のQOLを向上させる、とてもすてきな仕事です。

看護師が転職するなら【レバウェル看護】がおすすめ!

看護師が転職するなら、【レバウェル看護】がおすすめです。
【レバウェル看護】は看護師専門の転職支援サービス・総合メディアです。2009年に【看護のお仕事】として開始、後に看護師向けメディア「ハテナース」および「ナースときどき女子」と統合しました。

勤務形態や、施設形態で条件を絞っての求人検索も可能です。登録すればサポート体制も充実しているので、自分の譲れない条件を明確にして、求人を探してもらいましょう。

まとめ

看護師を辞めて違う仕事に就こうと思ったとき、職業の選択肢は他にもたくさんあります。資格を取ったのだから、ずっと看護師を続けなければと思ってしまうと、身動きが取れずつらくなる時もあるでしょう。
看護師以外の仕事も視野に入れて、自分の未来を考えてみてください。今より自由に、楽しく働ける仕事が見つかるかもしれません。

POPULAR ARTICLES
[資格の記事]

NEW ARTICLE
[新着記事]