HOME 資格に関する記事一覧 医師に多い転職理由は?タイミングやおすすめの転職サイトも紹介
公開:2023.11.13 公開:2023.11.13

医師に多い転職理由は?タイミングやおすすめの転職サイトも紹介

医師に多い転職理由は?タイミングやおすすめの転職サイトも紹介 NEW

医師というのはとてもやりがいのある仕事です。

一方、転職の回数も多い傾向にある職業です。

医師の転職は他業種とは違い、回数が多くても再就職にあまり影響しません。

転職を考える理由は仕事の内容や勤務先の規模、拘束時間、給料など、いろいろあるでしょう。

転職に適したタイミングなども解説します。

失敗しない転職活動のために、参考にしてください。

医師に多い転職理由には何がある?

医師に多い転職理由には何がある?

医師に多い転職理由には何があるのでしょうか?

その理由に他業種と大きな差はありません。

仕事の内容は違えど、できるだけいい環境で働きたいのは誰でも同じなのです。

医師の転職理由をまとめたサイトでランキング上位になりやすいものを見てみましょう。

人間関係

職場の人間関係が、転職理由になるケースは多くあります。

医者も人間ですから、人と人との関わりは避けられないのです

具体的には、上司や経営者と方針が合わない、医師以外の職種との連携が取りづらい、患者層が自分の希望とは合わないなどといった理由が挙げられます。

医師の仕事は患者の生命に関わるため、とても気をつかう仕事です。

さらに人間関係にも悩む場合、心も体も病んでしまうかもしれません。

疲れてしまう前に転職を考えるのは、当たり前だと言えます。

家庭や生活環境の変化

家庭や生活環境の変化が転職の理由になる場合も多くあります。

他業種の方と同じように、結婚や離婚、妊娠、出産、育児、子供の進学、親の介護などで生活環境が変わるタイミングは多くあります。

中には引っ越しを伴う場合もあるでしょう。

転職理由と希望条件が明確にできるので、転職サイトなどでの活動も比較的容易です。

医師である以上患者が大事ですが、自分自身や家族をないがしろにはできませんね。

自分の体力や勤務時間、通勤時間などを考えて、無理のない職場を選びましょう

労働が激務

労働が激務だという転職理由もあり得ます。

医師の労働時間は、土日祝日が関係ない場合も多いでしょう。

また、オンコールや当直などで不規則になりがちです。

当直明けにそのまま日常勤務をする場合もあります。

診療以外に情報の入力や管理業務などの雑務も多く、医師の勤務時間は長くなりがち

疲れて判断力が低下した状態で診療にあたれば、ミスをする可能性も上がります。

ミスをする前に、体力的な負担が軽い職場への転職を考える人も多いのです。

給与への不満

現在の給与に不満があって転職する医師も少なくありません。

収入アップを目指すのは、医師以外の仕事でも多い転職理由です。

医師の給料はキャリアだけではなく、職場の規模や立地で大きく変わってきます

診療所よりは病院のほうが年収の多い傾向です。

また、都市部よりも郊外のほうが医師が足りない場合が多いため、給与は高くなります。

とはいえ、給与だけを基準に転職先を選ぶと、他の部分でミスマッチが起こるかもしれません。

転職で失敗しないために、しっかりリサーチをしたうえで決めてください。

セカンドキャリア

医師には定年がありません。高齢になると、体力的に辛くなってセカンドキャリアを考える医師も多いでしょう。

病院ではそれぞれ定年規定を設けていますが、常勤ではなく非常勤で勤務できるケースも多くあります。

高齢になると若いころと同じ勤務はこなせなくなってきます。

非常勤のほうが勤務時間の融通が利き、体力的にも余裕をもった働き方ができるでしょう

また、医師のセカンドキャリアとしては、利用者の状態が比較的安定している介護老人保健施設へ転職するのも人気です。

医師の転職はタイミングが重要

医師の転職はタイミングが重要

医師の転職は、タイミングが重要です。

一度就職したのであれば、そこである程度の専門性を身につけてからの転職がおすすめです。

どの時期に転職活動をするかによって、条件の合う求人を見つけられる確率も変わってきます。

焦らず機を見て、転職活動をしてください。

退職するまでに時間がかかる

医師が退職するまでには時間がかかります。

法律的には、退職日まで2週間以上の余裕をもって退職届を出せば大丈夫です。

けれども、そんなに短い期間では確実に周囲に迷惑がかかりますね

医師不足の医療機関も多いため、代わりの医師が見つかるまでは引き止められる場合も多くあります。

後任が決まるまで残る必要はありませんが、新しい医師を募集する期間を考慮するほうが良いでしょう。

さらにスムーズに引継ぎができるように、しっかり準備しておくと安心です。

求人数の少ない時期がある

医師の求人数には波があります。

転職に失敗しないためには時期を見極めましょう。

年度初めである4月からの勤務という求人は多くあります。

医療機関が求人を出してから採用するまでに2〜3か月は必要なので、12~2月の求人が多いのです。

つまり、転職活動をする医師が少ない4月は人員補充の必要がなく、求人の数も少なくなります

また、シルバーウィークや年末年始のような大型連休前も、転職活動を始める医師は少なく、求人も少ない時期です。

医師転職サイトなら業界トップクラスの求人数【Dr.転職なび】がおすすめ

医師転職サイトなら業界トップクラスの求人数【Dr.転職なび】がおすすめ

医師転職サイトなら【Dr.転職なび】がおすすめです。

【Dr.転職なび】は株式会社エムステージが運営する医師の転職求人メディアです。

キャリアや希望条件を把握したコンサルタントと、エリア内の医療機関に詳しい求人担当がチームを組んで行う「分業制コンサル」という体制をとっています。

求人の紹介だけでなく、キャリアプランの相談や、医療機関との面接に向けた事前対策などのサポート体制も万全

医師として転職を考えるのであれば、【Dr.転職なび】に登録してみましょう。

まとめ

まとめ

医師であっても、他業種の方と同じような理由で転職を考えます。

定年がない分高齢でも転職可能なのが、ちょっと異なる部分ですね。

医師以外と同じように、転職サイトやエージェントを活用した転職が一般的です。

仕事が忙しい中、いかに上手に情報を集めるかが転職のカギとなるでしょう。

タイミングよく、希望に合った転職ができることをお祈りしています。

POPULAR ARTICLES
[資格の記事]

NEW ARTICLE
[新着記事]